占い師に必要な資格

占い師が学ぶこと

占い師という仕事についてよく勘違いされるのが、占い師になるには資格がいるということです。本来は占い師になるのに資格なんて必要ありません。それどころか、「私は占い師です」と名乗りさえしてしまえば誰でも占い師になれるような状況です。
時々見かける占い関係の資格は、民間が発行しているもので、別に取得しなくても占い師にはなれます。あの資格は民間で何がどれくらいできるという認定証のようなもので、あればなんとなくこの占いの実力があるんだと利用者に印象づけることができます。
むしろ私がおすすめしたいのは心理カウンセラーや心理士といった資格です。占い師は人の心と深く関わる仕事ですから、人の心に関連付けたこれらの資格は持っているととても実践で役に立つのではないかと思います。
また、話術や接客業・営業の経験、恋愛経験や人生経験というものは、鑑定の際に役立てることができます。人と会話する仕事であり、アドバイス要素もある仕事ですから、人と接する経験や技術、様々な物事の経験や知識というものが大いに役立ってきます。アドバイスをしたいと思ってもその物事に対する知識や経験がなければ上辺だけの言葉になりかねませんし、経験のある物事や知識があれば説得力のある話ができます。
占い師になって活躍するために資格の勉強をするというのは、間違いではありませんが、真っ先に力を入れて頑張るものではないと思います。占い師を目指すのなら、資格の前に占いや一般常識、様々な物事の知識を身につけるほうがよっぽど有利だと思います。

学びに無駄なことはないというけれど

先日、タロットの資格を取得しました。資格といってもそう大それたものではなく、通信講座受講後の試験に合格すれば発行してもらえる認定証のようなものです。占い師として活用するのに必要だと思い取得しました。私が取得したのはこのタロットだけではなく、占星術、四柱推命、手相、風水、ルーンなど、様々な占術の資格を取得しました。資格があればあるだけ、占い師として有利だと思ったのです。
私は占い師になりたいと考えていましたが、占い師についてはほとんど調べていませんでした。なんとなく占いができて周りからも認められて、どこかのお店に就職すれば占い師になれるんだと思っていました。なのでまずは占いの勉強が先だと思い、特に占い師のなり方については調べずに勉強をしていました。
そして今回タロットの資格を取得したことで、基本的な占術は全て学べたと思い、いよいよ占い師になろうとしました。そこで占い師のなり方を調べて、初めて気がついたのです。占い師になるには資格は一切必要ないと…。
私が今まで取得した資格はすべて民間団体が発行している民間資格です。それは知っているのですが、それでも持っていれば占い師になるのに役立つと思っていました。しかし、調べてみれば「占い師に資格は必要ない」「取得してもいいけど取得したからといって占い師になれるわけではない」「民間の占術の資格より心理カウンセラーの資格の方がよっぽど役立つ」などと書かれていて、とてもショックを受けました。私が今までしてきたたくさんの勉強はなんだったのかと。
結果、役には立ちました。店舗で働くために占い師募集に応募した際、ダメ元で自己PRに取得した資格や認定証を記入し、どの占術をどれだけ学んだのか書いたら、十分な知識と技術があると認められ、合格することができました。なので、あの資格取得の日々も無駄ではなかったようです。しかし、もっと効率的な勉強法もあったと思うので、しっかり占い師になるにはどうするのか、何を勉強するのかということを調べてから勉強を始めればよかったと思いました。